30歳からの保育士転職|年齢が影響することはある?

30歳からの保育士転職|年齢が影響することはある?

一般企業の場合、30歳、特に35歳を過ぎると転職が難しいとか言われることもあります。

30歳は女性にとっても男性にとっても人生で節目となる時期。転職も考える時期です。

保育園の場合はどうなんでしょうか?

30の転職

 

女性の場合30前後で結婚したいという人も多いと思います。保育士さんの場合は、もう少し早めに結婚や出産をする人が多い印象があります。

保育士さんは、やっぱり子どもが好きですからね。

30歳での保育士さんの転職は、様々な状況が考えられます。

同棲するため引っ越すから、結婚するから、結婚して落ち着いたから、妊娠したから、出産したから、年齢的に区切りが良いのでキャリアアップ・ステップアップしたいから、30なのこのままじゃ嫌だから。

30歳は人生の節目なのでいろいろな事が起こりますし、単に色々考える時期でもあります。よって、転職する良い機会でもあるのです。

30歳の節目を迎えた、迎えそうな人で、転職を悩んでいるなら、転職してみるのもいいと思いますよ。

しかし、30歳って若いとは言い難くなって来る時期。

転職の際に何か不都合があったりするのでしょうか?

保育園側の考え

基本的には30歳だからと敬遠されることはありません。

安心して転職できますよ。

むしろ、新卒よりも経験がある分、有難がられることもしばしば。

50歳とかなら、園長よりも年上という可能性も出てきますので、少しは考える保育園もあるかも知れません。

やっぱり、自分より年上の部下を持つのを嫌う園長も居ますからね。

しかし、30歳なら何の問題もありません。

唯一敬遠される可能性があるとすると、似たようなことの羅列になりますが、以下の点でしょう。

30歳で敬遠される可能性があるポイント

  1. 結婚してすぐ辞めるかも知れない
  2. 妊娠してすぐ辞めるかも知れない
  3. 未熟な若い子と合わないかも知れない
  4. キャリアがそれなりにあるので、拘りが強く上司と合わない知れない

こんな感じの懸念はされる可能性があります。

1や2は、良い保育園の場合、特に事情がなければ結婚や妊娠をしても辞めないですから、保育園側に問題があると思います。

3は偏見ですよね。

4は意外とあり得ることですが、園長がしっかりしていないから、こういうことにビビるのでしょう。

全て偏見というか、決めつけですよね。

しかし、確かにこういうことを気にして、採用を敬遠する園長さんはいらっしゃいました。

全般的には歓迎される

結局、保育士さんの場合は、経験が物を言います。

資格を取っただけでスーパー保育士になれる訳はありません。資格を取るところが始まりですから、そこからどれだけの経験を積んだのかが保育士の力量に関わってきます。

新卒の場合、実習以外は大して経験と言えるものはありません。どう考えても、30歳まで保育士を続けている人の方が仕事が出来ます。

普通の保育園の場合は、「良い人なら」「仕事が出来るなら」と、30歳だからと言って敬遠されることは、まず、ありません。

自分が希望する内容で転職できると思います。

0~2歳をもうちょうちょっと極めたいので小規模保育室に行くとか、上の年齢を極めたいので認定こども園に挑戦してみるとか、転職して出世(園長や主任)を目指してみたいからその可能性がある認可保育園に行くとか。

パートでも問題なし

30歳ですと、既に結婚していたり、子どもが居ることもあります。

そういう場合、状況によっては、仕事と家事・育児との両立が厳しいことも多いです。

しかし、家計的にもう少し収入が欲しい場合は、働かなければなりません。

もう少し収入が欲しいという場合には、パートという選択肢が出てきますよね。

もちろん、ボーナスや残業代といった、追加収入がある正社員には及びませんが、パート需要も大いにあります。

早番なり遅番が出来ると採用確率は大幅に上がりますが、既にパートがたくさんいる保育園でなければ、中番系のみでも問題ありません。

パートの場合は、通勤距離なども重要になってきますので、正社員の転職よりもこだわらなければならない条件が多くなるので、紹介型保育士転職サイトだけでなく、掲載型保育士転職サイトも併用していきましょう。

30歳保育士が転職で需要が多い理由(おまけ)

30歳での保育士転職については、正社員でもパートでも問題ないことは分かったと思いますが、30歳保育士の需要が高い理由がもう一つあります。

「新人でも保護者に不安がられない」ことです。

例えば若い保育士だらけの保育園だと、やはり保護者は若干不安になることが多いので、理想は各年齢層がバランスよく配置されていることです。

しかし、各年齢層をバランスよく配置するのは結構難しいので、若い子を中心だとしても30代と40代はある程度の人数を配置しておきたいのです。

その保育士さんが仕事が出来るできないはまた別で、単に保護者からのクレーム回避にも使えるという理由があるのです。

まとめ

30歳の保育士さんは、全く転職で不利になるようなことはありません。

むしろ歓迎される状況にあります。

しかし、30歳過ぎてもポンポン転職したいとは思えませんので、よりより保育園に転職したいですよね。

転職エージェントを中心に、掲載型も使いながらベストな転職を成功させましょう!

【目的別】保育士転職おすすめサイト

目的・用途に合わせて、転職サイトの特徴を分かった上で登録していますか?闇雲に登録してもあまりいい結果はでません。登録する転職サイトの規模や専門性を理解して登録しましょう。 ここでは、大手だけでなく、人間関係に強い転職サイトや事業所内保育所専門、上京社向けなど、目的別に使える転職サイトをまとめています。

保育士の転職カテゴリの最新記事