WorkLink保育について

「WorkLink保育|保育士転職相談室」は、保育士不足で売り手市場にありつつも、多様で大量の仕事や長い拘束時間、割に合わない賃金で苦労している保育士さんを支援するサイトです。

記事作成者紹介

当サイトの記事はMayosayoが作成しております。

私、Mayosayoは学習塾の講師を経て、保育園の経営管理を行う部署で働いてきました。

保育園の経営管理の部署には10年間在籍していましたが、人事全般・補助金の申請・事業計画の策定および実行・新規出店・認可外保育所の認可保育園への移行・施設長(園長)代理・保護者対応など、多くの経験を積みました。

現在は独立し、当サイトWorkLink保育などを運営しております。

実際、最前線で待機児童を解消できて、自社の保育士さんたちの処遇改善が出来る仕事は大変やりがいのある仕事ではありました。

しかし、やはり自分が会社のTOPでない為に本当にベストだと思うことを実行できないこと、保育園を運営する上で自社の園の保育士不足を打破するためにはどうしても保育士さんたちと本音で話せないことが引っかかっていました。

そこで、立場や会社の方針などを気にせずに保育士さんを支援する方法を考えた末、このサイトの開設に踏み切りました。

保育士さんが作るサイトとはまた違う角度から見た記事になっておりますので、きっとお役に立てると思います。

転職相談室

私は、社員同士のトラブルや保護者とのトラブルの解決、保育士さんの給料の決定、就業規則の作成、雇用契約書の作成など、みなさんが「どうしてこうなる?」と疑問がある部分に携わっていたので、色々なアドバイスが出来ると思い、相談を受け付けています。

ここに相談すると「メルマガが届くようになる」とか「お金を請求される」なんてことはありません。

「じゃあ、何のためにやってるの?」と思うかも知れませんが、自分の知識や経験を活かしたいからです。私の知識や経験が役に立つのは嬉しいですからね。

でも、私に「メリットが無いと怪しい…」と思う方もいるかも知れませんね。でしたら、強いて言えば「当サイトの記事の質の向上のため」です。

色々な保育士さんの悩みを聞いてきましたが、やはり給与や人間関係、拘束時間の悩みや不満が多いですが、もっともっと多様な悩みがあるはずです。

それらを知って、より多くのお悩みを解決できる記事を作成できるようにしたいと思っております。

もちろん当サイトの記事の質の向上は二の次ですから、その場のお悩みをしっかり解決します。

ペンギンについて

どうでもいい話ですが、記事を読んでいただくと、各所にペンギンが登場します。

なんでペンギンかというと、ちょっとむずかしい話になりますが、サイトで画像を作成したりするときによく使われるのが、「PNG」というデータ。

JPGとかPDFとかはご存知ですよね?それの一種です。

そして、PNGという文字を見ていたら「PNG…PeNGin…ペンギンやん!」とPNGがペンギンにしか見えなくなったため、私のサイトではペンギンをマスコットキャラクターとして採用しています。

プライバシポリシー

GoogleAdsense

Worklink保育では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。