保育士の転職サイトって何?|実は2種類にあります。それぞれのメリットとデメリットも紹介。

保育士の転職サイトって何?|実は2種類にあります。それぞれのメリットとデメリットも紹介。

保育士の転職サイトと言っても種類があります。

しっかり転職サイトの違いを理解していますか?

転職サイト、求人サイト、紹介サイト(転職エージェント)など色々な言い方があるし、様々な見た目のサイトがあるが、サイトを見ても違いが分からないなら、ちょっと危険です。

基本的には2種類に分類されるので、様々なサイトを利用する前に、せめてその2種類の違いくらいは理解しておかないと、効率の悪い転職活動を行ってしまいます。

保育士の転職サイトとは?

転職サイトとは、転職情報を提供してくれるサービスです。

求人サイトも同じで、求人サイトは求人情報を提供してくれるサービスです。

ここの2つの違いを上げるとすれば、求人サイトは求人情報全般を扱っていれば、転職サイトと明記されているサイトの場合は、新卒よりも経験者や中途採用向けの情報を中心に扱っているということになります。

しかし、転職サイトに載っている求人情報で新卒が応募できないということもないので、実際に大きな差はありません。

少しとりあえず、転職サイトも求人サイトも同じものだと思っておいて大丈夫です。

転職サイトの種類って?

では、転職サイトには種類が2つあると言いましたが、その2種類の分類は何なのでしょう?

どちらも転職情報を提供するサイトですが、違いは保育園の「紹介サービス」があるかないかです。

このサイトでは分かりやすく、「掲載型」と「紹介型」と呼ぶことにします。

保育士の転職サイトの場合、両方を併用していることもありますが、ベースがどちらなのかを分かっていると、転職活動の効率が遥かに良くなります。

例えば、掲載型だと思ってサイトを見ていても、「登録はコチラ」「紹介サービスに申込む」みたいに、とにかく登録させようとしてくるサイトは、紹介型のサイトです。

紹介型なのに必至に自分でサイトを見て回っても、結局登録に誘導されます。そりゃあ、紹介型のさんとなんだから当たり前なんです。

人によっては紹介サービスを使いたくない人もいるでしょう。紹介サービスを利用したくないのに掲載型サイトと間違えて紹介型サービス内をずっと探していては、時間のムダです。

自分が見ているサイトが、掲載型のサイトなのか、紹介型のサイトなのか、しっかり分かるようになりましょう。

では、それぞれ特徴やメリット・デメリットをご説明します。

掲載型の保育士転職サイト

掲載型は、求人広告を掲載して保育園から掲載料をもらって運営するスタイルです。

よって、「求人記事の検索をしやすいサイト作り」になっていたり、「読みやすい求人記事」が書かれていて、転職したい保育士さんが自分で保育園を探しやすいように工夫されているのが特徴です。

しっかりと絞り込み検索があったり、求人記事にしっかりと保育園の説明が書いてあるので、自分で探す場合はこの「掲載型」を利用することになります。

無料登録はコチラとか書いてあっても、基本的にはおすすめの求人記事とか新着記事とかスカウトメールが届くだけです。

分かりやすいところで言うと、タウンワークやとらばーゆ、@type女の転職などがこのタイプです。

メリット

  • 納得のいく保育園をじっくり人の意見に左右されずに探せる
  • 掲載している保育園はまさに募集中なので採用される可能性が高い

デメリット

  • 自分一人で調べるので内情まで調べきれないことがある
  • 掲載料を払っている保育園しか掲載されていない

紹介型の保育士転職サイト

紹介型はいわゆるエージェント(職業紹介責任者)が保育士を紹介し、保育園から紹介料をもらって運営するスタイルです。

掲載型と併用していることも多いですが、見分け方は簡単で、無料登録はコチラというところに「転職支援」とか「厚生労働大臣認可」とかが書いてあれば、紹介型です。

よって、登録すると、エージェントからメールや電話がきて、ヒアリングや保育園の紹介をされます。

都内は保育園が多すぎるて探すのが大変だなぁと感じる人は「紹介型」を利用するのが良いでしょう。

メリット

  • 専門家からのおすすめ保育園から選ぶだけなので効率的
  • 仲介業者が入るので不当な雇用契約を結ぶことがない
  • 掲載型に求人を出していない保育園でも紹介してもらえる
  • お祝い金を貰える場合がある

デメリット

  • 担当者との相性が悪いと気に入らない保育園ばかり紹介される
  • 紹介料が高いため掲載型だけで保育士を確保できる保育園からは敬遠される可能性がある

おまけ:「併用型」について

併用型の場合でも、掲載型寄りなのか、紹介型寄りなのかが分かれます。しかし、保育士紹介の方が紹介会社が儲かるので、殆どが紹介型寄りのサイトになります。

例えば、保育園名とか簡単なPRだけが載っていて、細かい給料などの情報がない場合は、紹介型よりのサイトです。

これは。掲載期間が過ぎていたり、保育園が掲載そのものを頼んでいないから、情報がかなり少ないのです。それなのに何故サイトに掲載されているのでしょう?

これは、2つの理由があります。

1つは、保育園が掲載を頼んでいない・掲載期限が終わっても、そのまま掲載しておけば、保育士さんがサイトを訪れて検索しても沢山ひっかかるので、サイトが充実しているように見えます。

2つは、「この保育園に応募したいなら登録してね」と持っていくためです。そのサイトに掲載していなくても、保育士を欲しいと思っている保育園は沢山あります。世の中全ての掲載型サイトに掲載していたら、お金がいくらあっても足りませんからね。

よって、そのサイトからすると、掲載されていなくても、保育士を紹介出来る可能性があるので、登録してくれたら保育園に保育士を売り込む訳です。

どちらを使えばいい?

結論としては両方です。

併用型に当たった場合は、ちゃんとどっち寄りのサイトか見極めましょうね。

掲載型サイトで自分で常に探しつつ、紹介型サイトに登録して紹介してもらいながら、ベストな転職先を探していくのが基本的な転職戦略になります。

転職エージェントと相性が悪いと理想の保育園を紹介してもらえない可能性もあるので、複数の紹介型の転職サイトに登録しておくのも基本です。

だいたい3社程度は少なくとも登録して、相性の良いエージェントさんい絞るというのが、普通のやり方です。

おすすめの保育士転職サイトランキング

Worklink保育が厳選した保育士転職サイトをランキング形式にてお届け! もちろん、保育士転職サイトは相性ですから、色々なサイトを見てみるのがおすすめです。

アドバイスカテゴリの最新記事