年度初めに転職しちゃっても良い?|4月とか5月の保育士転職

年度初めに転職しちゃっても良い?|4月とか5月の保育士転職

「新年度、始まりました!よーし!ここから頑張るぞ~!」

と、思ったら。アレ?何この職員配置?何このヘボ新人?こいつが主任?園長変わる?保育方針変える?

ちょっとちょっと聞いてないよ~~~!

4月に入った瞬間、すぐさま辞めたくなってしまった場合、どうしたら良いのでしょうか?

いつ辞めたって問題ありませんが、実は特に5月の転職活動はちょっと危険な香りがしますので、年度初めの転職は少し注意が必要です。

すぐ辞めてOK

いきなり結論ですが、年度初めに辞めても、夏や秋頃の年度途中に辞めても大して差はありません。むしろ、年度初めの方が良いかも知れません。

というのも、年度途中のボーナス貰って辞める系の場合は、保育士さんからすると当たり前・当然の権利って感じなんですが、経営側からするとやはり印象はよくありません。

ボーナスは、労働者側は「今まで働いたご褒美」、経営者側は「これからも頑張ってね」という感じで、ちょっと考え方に差があります。

また、新しい園で採用担当も、この保育士は、年度末などの区切りの良い時だけでなく、ボーナスの時期も辞める人なんだな。と思ってしまいます。

そんな変なレッテルを貼られるよりも、さっさと辞めた方が無難なのです。

それと、意外だと思いますが、転職活動をしている保育士さんの数は1年間あまり差がありません。年度初めでも、年度替わりでも同じくらいの数なんです。

年度初めに辞めた人の評価

「なんでよりにもよって年度初め?」と、流石に思われると思います。

しかし、年度初めに辞める保育士さんのほうが、明確な理由がありますよね。

しっかりと理由が言えれば問題ありません。面接する側の保育園側も身に覚えがあるでしょう。

嫌々ながら年度途中とか後半まで何とか頑張っても、「そこまで粘れたなら最後までやれよ」とか言われるとムカつきますので、しっかりとした理由があるなら年度初めでも大丈夫です。

ただ、大した理由なく年度初めに辞めるのは、流石に評価が下がると言わざるを得ません。

伝え方に自信がなければ、エージェントさん達に相談すればOK。

年度初めの転職先状況

どこの保育園も、年度初めにスタッフを最低限は揃えています。ただ、多くは「後1人居ればなぁ…」という微妙に人手不足の保育園が多いです。

しかし、年度末が一番の転職ラッシュですから、年度が始まってしまうと、保育士確保が難しくなってしまいます。

そこに貴女が行けば、年度始めなのに保育士キターーー!やったーーー!となるので、有難がられます。

年度初めだろうが関係なくテキトーにホイホイ辞めている訳じゃくて、ちゃんとした理由があるならば、入園後に他の職員から不審がられることもありません。

それに、年度初めの早ければ早いほど、保育の流れや方針が固まる前だったり、変なルールがデキる前だったりするので、年度途中よりも入り込みやすいのは当然ですね。

転職活動をするベストは1月・2月、一番注意が必要なのは5月

保育士不足だからいつも求人がたくさん出てるかというと、そうではありません。

求人倍率等のデータで確認すると、求人倍率が高いのは1月です。求人数が最も多いのは2月です。

逆に求人数が最も少ないのは5月です。

1月や2月は、ほとんどの保育園が求人を出していると考えられますが、5月は求人が極端に少なくなります。

つまり、それでも5月に求人を出しているということは、とにかく人が足りていない保育園の可能性も考えられます。

ただ、逆に求人が少ない時期に求人広告を出して、ライバルが少ないから目立たせようとしている可能性もあります。

よって、年度初めの転職活動を自分でやるのは結構難しいんで、転職エージェントを使って上手に転職するべきなんです。

年度明けてからの転職活動の方法

掲載型と紹介型のサイトがある訳ですが、掲載期限がある掲載型サイトでは、保育園側が年度初めは求人広告を出していない場合が結構あります。

保育園側は「募集はしているけど、年度初めは掲載しても応募は少ないだろうから、お金が勿体無いし止めとこう」と思う訳です。

当然ですね。

でも、募集はしてるんです!ただ、求人広告を出していないだけ!

ですので、年度初めの転職活動の場合は、掲載型よりも紹介型の方がオススメです。

掲載型と紹介型が分からない人はコチラを。

オススメの紹介型サイトランキングは下にリンクを付けておきますので、そちらも参考にして下さい。

また、エージェントを使いたくない場合でも、普通に保育園のホームページの採用情報のページを見れば募集していることは分かるの思います。

ただ、掲載型サイトが使えない状況で、たくさんある保育園の中から自分一人で探すのは結構大変ですので、紹介型サイトを利用したほうが良いです。

さいごに

都心部の保育士は食いっぱぐれる事はありませんが、いつでも優良な保育園に就職できる訳ではありません。

やはり、良い保育園は人が辞めにくく競争率が高くなっていきますし、悪い保育園は人がドンドン辞めていつでも入れます。

いつでも転職できるからと言っても、悪い保育園に入るのは勿体無いです。

年度初めの転職では、掲載型サイトがあまり使えないので、自分で保育園のホームページを直接確認したり、転職エージェントを利用して転職を成功させましょう。

おすすめの保育士転職サイトランキング

Worklink保育が厳選した保育士転職サイトをランキング形式にてお届け! もちろん、保育士転職サイトは相性ですから、色々なサイトを見てみるのがおすすめですが、不安や迷いがある場合はこちらを参考にして下さい。

お悩み解決カテゴリの最新記事