よく見かける非公開求人って何?保育士は知らなきゃ損かも!|転職サイトの基礎知識

よく見かける非公開求人って何?保育士は知らなきゃ損かも!|転職サイトの基礎知識

転職を考えているなら、これまでも結構な保育士の転職サイトを見てきたと思います。

企業が運営している保育士転職サイトの紹介型の場合、結構「非公開求人多数!」みたいなことが書いてあります。

非公開求人って何なのよ?と思う保育士さんも多いのではないでしょうか?

はじめに

紹介型の転職サイトって何?と言う方に、軽く説明します。

転職サイトには掲載型と紹介型があります。掲載型は、保育園が求人広告を掲載して転職サイトに掲載料を払うタイプ。紹介型は、保育園が保育士を紹介してもらい、紹介会社に紹介料を払うタイプです。

これで意味が分からない保育士さんは、こちらの記事で勉強したほうが良いです。

非公開求人?

非公開求人と言うと、「は?」とお思いでしょう。

私も、昔は「求人を非公開にしてどうすんの?」と思っていました。

しかし、もちろん存在するということは、理由があります。非公開にした方が安全だったり、効率的だったりするのです。

非公開求人というのは、紹介型の転職サイト(転職エージェント)にしかありません

掲載型の転職サイトは全体に公開します。紹介型のサイトは保育園の要望を聞いて、それに合った人を紹介しますので、公開する必要がないこともあるんですね。

保育士さんが求める保育園が、非公開求人にしか無い場合もありますので、今回の内容は要チェックですよ。

非公開求人の種類

保育園関係で存在する非公開求人は以下の4種類になります。栄養士や保育補助はここでは除きます。

  • 園長募集
  • 主任募集
  • 本社の要職の募集
  • 普通の保育士の募集

勘の良い人は、もうこれで非公開求人が存在する訳が分かったと思います。

非公開求人が存在する理由1

ご想像の通り、非公開求人の存在理由のベースは、皆に見られたら困る求人なのです。

例えば、FacebookやLINEなどで、彼氏とイチャイチャしてる写真をアップする場合、職場の仲間や殆ど知らない人も友達リストにいるので、全体に公開すると後でイジられたりしてめんどくさそう…。と思って、公開範囲を設定しますよね?

それと似たようなことです。

普通の掲載型の保育士転職サイトに、「◯◯保育園の園長募集!」って書いて募集してしまうと、どうなるでしょうか?

全体に公開という状態ですから、保育士や保護者にバレたら「え!?ウチの園長辞めるの!?」となってしまいます。

遅かれ早かれ分かることだと思うかもしれませんが、一概にそうは言えません。

例えば、分かりやすい所で言うと「次の人が見つかったら辞める」という場合です。

こういう状態の時に、公開求人を出してしまうと、非常に面倒くさいことになる可能性がありますね。次の人が見つからなかったら辞めないのに、「辞めるんですか!?」とか聞かれる訳ですから。

主任や本社の要職(人事など保育園に関わりのある人など)が辞める場合も、混乱が予想される場合には、非公開求人でのみ募集することがあります。

つまり逆に言えば、次は園長や主任で転職したいと思う保育士さんにっては、非公開求人に園長求人が隠れている可能性が高いので、狙い目ということになります。

でも、普通の保育士の募集も、非公開求人があると書きましたよね。なぜでしょう?

非公開求人が存在する理由2

普通の、役職がない保育士さんを非公開求人で募集するというのは、意味不明に思えるかも知れません。

実際に大した意味があるかと言われると、そんなにありません。

ほとんどの理由は、「掲載型で募集しても応募か無いから」です。

選りすぐりのエリート保育士集団を集めたい時には非公開求人を利用するかも知れませんが、エリート集団を集めた保育園なんて殆どありませんし、実際に集まった事例は聞いたことありません。

どういう事か説明します。

保育士を1名募集していたとして…

掲載型転職サイトの掲載料は様々ですが、1ヵ月に30万円とします。

紹介型転職サイトの紹介料も様々ですが、1人75万円だとします。

(*例ですが金額は現実とかけ離れてはいません)

一見、紹介型転職サイトがバカ高い気がしますが、年度途中の募集だった場合などで、3ヵ月掲載して保育士がやっと1人確保できたとすると…

1人の保育士を採用するまでに、掲載型の場合は90万円。紹介型の場合は75万円です。

「なんじゃこりゃ、紹介型の方が安いじゃん!」となります。

よって、保育園によっては、普通の保育士でも掲載型のサイトでは募集せず、紹介型のサイトでのみ募集するケースや時期があるのです。これで、普通の保育士の非公開求人の存在理由も分かりましたね。

コスト云々ではなく、単に紹介型の転職サイトで募集がうまく行った経験がある保育園なら、紹介型のサイトだけで募集し続ける保育園もあるでしょうし。

掲載型しか利用していない保育士さんは、その求人の存在を知ることなく、転職していくのですね…。

まとめ

非公開求人の存在理由が、明らかになりましたね。

もちろん、掲載型の保育士転職サイトに1ヵ月掲載して何人も集まる保育園もあるでしょうが、少なくとも非公開求人しか出ていないタイミングはあります。4月からバンバン求人広告出す保育園って大手くらいです。

「この保育園、求人してないのかな…残念」と諦めたのに、実は非公開求人はあった!ということも充分あり得るのです。

これまで登録や対応が面倒くさいからと言って掲載型だけで探していて、紹介型の保育士転職サイトを使ったことがない人は、もしかすると良い求人を逃しているかも知れません。

おすすめの保育士転職サイトランキング

Worklink保育が厳選した保育士転職サイトをランキング形式にてお届け! もちろん、保育士転職サイトは相性ですから、色々なサイトを見てみるのがおすすめですが、不安や迷いがある場合はこちらを参考にして下さい。

アドバイスカテゴリの最新記事