保育士を短期間で辞めたいと思うのは「甘え」なのか?

保育士を短期間で辞めたいと思うのは「甘え」なのか?

昔は「子どもと遊んでるだけ」と言っていたバカな人たちが多かったですが、今では保育士は激務と認識する人が増えてきました。

しかし、一方で、相手が将来有望な子どもであることで、完璧な仕事や人格者であることを求められてしまいます。

また、長年保育士をしてきた人は、自分たちほど苦労していないように見えると、小言を言ってきます。

保育士を辞めることを「甘え」だとか言ってくる人がいたら、今回の記事を思い出して小馬鹿にしてやってください。

ちょっと今回は口が悪いので、人の喋り方がイチイチ気になる方は読み進めないようお願いします。

短期間で辞めるのは保育士の「甘え」ではない

さて、1年も経たずに…もしくは2~3年などの数年で転職してしまう保育士さんに対して、「甘えだ!」と言う人が多いんですが、言ってくる人は後述する3パターンの人たち。

保育士が短期間で辞めるのは、保育士が甘えてるのではなくて、保育園・企業側が甘えているんですね。

あ、当たり前ですが、「辞めること=甘え」と言う部分に関しての話です。保育をテキトーにやったり、遅刻したり、マナーがなってなくて「甘えるな!」と言われるのは当然のことです。

甘えているのは保育園

昔は「いくらでも保育士の代わりはいるんだから、甘えるな」と言って通用したかも知れませんが、今は真逆なんですよ。

せっかく確保した保育士に、丸投げみたいな雑な教育をしたり、仕事がキツイことを言い訳に八つ当たり系ハラスメントをしたり、またそういう環境を放置する保育園は「甘え」すぎです。

スパルタ的な教育は、社員にも子どもにも時代遅れですし、時代にあった感性を身につけなかったり、時代に合った技術や制度を導入しないのは、保育園・企業側の「甘え」以外の何物でもありません。

確かに変な保育士もいますが、当然変な保育士の割合は少ないのです。甘えてるのかな…とちゃんと悩んでいる貴女は、変な保育士ということはありません。

保育士争奪戦に負けている

「甘えるな!」という精神論で攻撃してくる保育園は、この保育士不足による保育士争奪戦で負けているんです。

「甘えなのかな…」と思わせて、洗脳しようとしている訳です。それしか、離職率を下げる方法が思いつかないのでしょう。

こんなのただの八つ当たりですよね。

「甘え」てない保育園でも相性がある

頑張っている保育園もたくさんありますが、やはり相性っていうのあります。

相性が悪い保育園に入社するとこんな感じになります。

  • 入社したら、保育園の求人票や面接のときに思ってた内容と違った
  • シフトに偏りがある
  • 正当に評価されない
  • 訳の分からん職員がいた
  • 上司が仕事できない雑魚だった

こういう状況なら、保育士が転職したくなるのは、当たり前であって「甘え」ではありません。

「保育士の退職=保育士の甘え」という考えを持っている人は、想像力不足です。

保育園も会社と変わらない普通の組織です。契約内容が合わないなら、転職を検討するのは当たり前です。

私が経営・人事部を担当していた保育園では、これまで1年くらいで転職を繰り返していた保育士が初めて5年勤められたというのもありましたし、それでも短期間で辞める保育士もいました。

激務とか薄給はさておいて、やはり相性があるんです。



「甘え」と言ってくる人たち3選

だいたい、人の生き方に文句を言う人は小物です。

成功者ほど、様々な苦労や挫折をしていて、様々な生き方に寛容です。

「甘えてる!」「考えが甘い!」「人生を甘く見てる!」とか、どれだけ辛い人生を頑張って歩んできたのか知りませんが、こいうこと言う人いますよね。

で、だいたいこういうことを言ってくる人って、モンスターペアレンツ予備軍の保護者と、時代錯誤の園長や主任、友達や知人の何も知らないくせにイキがってくる口だけ野郎なんですね。

「甘え」と言ってくる保護者(だいたい隠れモンペ)

入社して短期で退職しようとしたり、休職してしまったりしたときに、保護者からのクレームが来たりします。

もしかしたら、保育士本人には伝わらずに終わってることもあるかも知れませんが。

前述の「甘えてる!」「考えが甘い!」「人生を甘く見てる!」的なことを言ってくるんですね。

その保護者は、今まで転職や休職はもちろんしたことなくて、更には病欠すら経験ないのかも知れませんが、どんなハラスメントを受けても「甘えないぞー!」っつって働くんですか?という話です。

そんな訳ないですよね。

こんな事を言ってくるのはモンスターペアレンツです。相手にする必要ありません。

「甘え」と言ってくる上司(時代錯誤の園長・主任)

私はこれだけやってきた!今の若者は甘えてる!

昔の時代からタイムスリップしてきたような人と話しても話が噛み合わないんですよね。

男女差別しまくり、いじめやハラスメントも当たり前、暴力だってあるような時代の考え方を今の時代の人達に押し付けても分かり合える訳ないんです。

こんなのが上司の場合は、「時代についていけないお前が甘えてんだよ!」と言って、サクッと転職しましょう。

「甘え」と言ってくる外野(無知な口だけ野郎)

自分の子どもを預けている保護者や、園長などの直接の上司なら、少しは何かを言いたい気持ちになるのは、まだ分かります。

しかし、保育士でもない、保育士の仕事内容も知らないくせに「甘え」と言ってくる人は、おそらく自分には甘くて他人に厳しい口だけのやつです。

実際に働いて、辛いとか相性が合わないという貴女に助言できるレベルにありません。

相談する必要もないですし、アドバイスも無視して良いです。

おわり

貴女が真面目に働いてみて、どうしても相性が悪いと思うのであれば、別に体や心に鞭打ってまで働く必要はありません。

心身ともにおかしくなるまで働かないなら甘いってことはありません。

仮に、今の保育園でちゃんと頑張ったのに3ヶ月で限界に達したのだとしたら、貴女が甘い訳ではありませんので、安心して転職していいですよ。

以前の「転職回数の多い保育士は、転職に不利になるのか?人事が教えます。」や「入社1年で保育園を辞めたい保育士|1年で転職しても大丈夫なの?」の記事も参考になると思いますので、確認して下さい。

【目的別】保育士転職おすすめサイト

目的・用途に合わせて、転職サイトの特徴を分かった上で登録していますか?闇雲に登録してもあまりいい結果はでません。登録する転職サイトの規模や専門性を理解して登録しましょう。 ここでは、大手だけでなく、人間関係に強い転職サイトや事業所内保育所専門、上京社向けなど、目的別に使える転職サイトをまとめています。

保育士Newsカテゴリの最新記事