貴女が辞めたい理由は、実は人間関係じゃない|クズな園長や主任、先輩保育士がいる場合

貴女が辞めたい理由は、実は人間関係じゃない|クズな園長や主任、先輩保育士がいる場合

私は保育園の経営・人事の部長を10年やってました。園長代理も計1年くらいやってました。おそらく、部下からは圧倒的に好かれてました。(自称)

私からすると、求人広告のコストや採用する大変さ、保育の質の維持・向上、自分よりも体力的に頑張っている保育士の姿…

こういうのを考えたり見たりすると、どう頑張っても保育士をいじめたり、ハラスメントなんて出来ません。

しかし、クズな園長や主任、先輩は平気で辞めさせようとするんですよね。保育士不足だし、保育の質を考えると離職率は低いほうが良いのに…。

ハッキリ言って頭が悪いんでしょうね。

今回は、クズなんかのせいで保育士を辞めないで欲しいというお話です。もう既に結構でちゃってますが、今回は口が悪いので、ご注意を。

クズはどこにでもいるけど、どこにでもいる訳じゃない

訳が分かりませんね。すみません。

クズというのは人間の中に一定数存在します。保育園はいわゆる女の職場で、更に閉鎖的な空間だと、クズの影響力は絶大ですね。

クズは人間の中に一定する存在する訳ですから、どこにでもいます。かと言って、全ての保育園にクズがいる訳ではないです。

ただ、今の不満の最大の原因が上司や先輩との人間関係という場合、その保育園との相性が悪いことは明白ですね。

断言しますけど、人間関係が良好で楽しく働ける保育園はいくらでもあります。



クズな園長や主任や先輩保育士に辞めさせられるのは勿体無い!

訳のわからない方針の園長、意見を全く聞いてくれない主任、感情的な先輩…

相談に乗ってくれない、話もまともに聞いてくない、そして当然話を覚えてない…

「帰れ」とか「辞めろ」とか「保育士に向いてない」とか、暴言やパワハラのオンパレード…

叱ってばっかの駄目な保育…

運悪くこんなクズがいる保育園に当たったとしても、自分が保育士を辞めてしまうのは勿体無いです。

クズのせいで保育士を辞めるということは、今まで勉強したことやこれまでの経験が無駄になるんですよ?貴女のせいじゃなくてクズのせいで。

めちゃめちゃムカつきますよね。できればぶっ飛ばしたいですよね。

ただ、クズと戦うと損しか無い

このクズは、相手のことを考える力がなく、記憶力もないんです。

だから、例えば、以前相談した内容を全く覚えてなかったり、面接の時に断っておいたことも「そんなの聞いたこと無い」とか言ったりします。

覚えてないだけでもムカつくんですが、せめて「あ~!そうだった!ごめん!」って言うだけで全然違うんですけどね。記憶力がないのでこんな簡単なことも出来ないんです。

錯乱して意味不明な言葉を叫びながら刃物を振り回して走り回ってる異常者みたいなものですから、戦ったらケガをします。

異常者とまともに戦う必要はありませんし、異常者に色々言われて傷つく必要なんてないんですよ。

戦うのではなく逃げよう

貴女は、常識とされる嘘に騙されたり、子どものためと思って我慢していいんですが、どうですか?

実は、錯乱して意味不明な言葉を叫びながら刃物を振り回して走り回ってるような人の相手をしてたんです。

貴女はスーパーヒーローとか警察じゃありませんから、こんなのと戦う必要はないんです。

一般人は避難が先です。

私は、色々な保育園を見てきましたし、色んな保育士さんから今でも相談は受けてますし、ほんと色々な話を聞きいてきました。

「この保育園は最高ですよ!」とか「こんな保育園他にありません!」とか「仕事楽しいですよ~!」って、目を輝かせて話す保育士さんは結構いるんですよ。

今の保育園で絶望しなくても大丈夫なんです。

貴女の悩みは人間関係ではなく、危機回避です

もう分かりましたよね。

錯乱して意味不明な言葉を叫びながら刃物を振り回して走り回ってるような人のせいで、辛くて辞めたいと悩んでるなら、それは人間関係の悩みではありません。

異常者から逃げたいと思っているだけです。危機回避です。悩むまでもなく逃げて当然なんです。

異常者に当たってしまうというのは、確かに運が悪いです。異常者は、どこにでも現れる可能性はありますけど、そんな変な人は沢山はいません。

仕事が出来なくてイジメられ続けた保育士さんがいたんですが、どこに行ってもイジメられて長続きせず半年~1年で何回も転職してました。でも、やっと転職が成功して今では10年同じところで働いてます

保育園を少しくらい転々としても、保育士不足の今なら大丈夫ですよ。

おすすめの保育士転職サイトランキング

Worklink保育が厳選した保育士転職サイトをランキング形式にてお届け! もちろん、保育士転職サイトは相性ですから、色々なサイトを見てみるのがおすすめですが、不安や迷いがある場合はこちらを参考にして下さい。

保育士のお悩みカテゴリの最新記事