本当の休憩ってご存知?|保育園を辞めたい(転職したい)保育士さんへ

本当の休憩ってご存知?|保育園を辞めたい(転職したい)保育士さんへ

休憩が無い…というのは当然に違法です。

しかし、休憩に見せかけて実際は、本当の意味での休憩ではなかったりします。

休憩に関する正しい知識を身に着けておきましょう。

休憩時間について

休憩時間は法律で定められています。正社員・パート関係ありません。もちろん1日での話です。

労働時間が6時間を超え8時間以内の場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間

また、先程の休憩時間は、法律に定められている最低の休憩時間ですので、これよりも与えても構いません。ただ、休憩時間中は給料が出ませんので、長けりゃ良いって事はありません。やたらと休憩を貰うより、早く帰りたいですよね。

また、仮に保育士さんが休憩いらない!と言っても与えなければなりません。

さて、休憩時間について、何となく分かると思いますが、コレは意外と難しいんです。

労働時間と拘束時間を間違えると、訳が分からなくなります。

複数例えを出してみますね。

休憩の例

労働時間も拘束時間も6時間以内の場合は休憩は必要ありませんので、短い時間の例は出しません。

出社時間と退社時間の差が拘束時間、つまり労働時間+休憩時間ですね。

  • 6時間拘束の場合 (9時~15時など) :休憩なし  →6時間労働
  • 6時間半拘束の場合(9時~15時半など):30分の休憩 →6時間労働
  • 7時間拘束の場合 (9時~16時など) :45分の休憩 →6時間15分労働
  • 7時間半拘束の場合(9~16時半など) :45分の休憩 →6時間45分労働
  • 8時間拘束の場合 (9~17時など)  :45分の休憩 →7時間15分労働
  • 8時間半拘束の場合(9~17時半など) :45分の休憩 →7時間45分労働
  • 9時間拘束の場合 (9~18時など)  :60分の休憩 →8時間労働

これ以上は1時間休憩になります。

ちなみに、分割して休憩を取るのもOKとなっています。

拘束時間から休憩時間を引いた労働時間に併せて、休憩を与えるということです。

休憩そのものについて

さて、時間はわかりましたが、設定上与えられている休憩が、本当に休憩に当たるのか?という問題があります。

これもブラック保育園やグレー保育園を渡り歩いてしまった保育士さんは知らないまま過ごしていることが多いんです!

休憩とは

休憩は、労働から解放することです。

つまり、仕事をさせては駄目です。

例えば、「午睡中にダラダラ連絡張を書いてもいいので休憩時間ってことにするよ」というのは休憩時間とは言えません。

また、休憩中に「電話がかかってきたら出てね」「子どもが起きたらよろしく」という指示があれば、それも休憩時間とは言えないのです。

(仮に電話がかかって来なかったとしても!)

基本的には保育園から、少なくとも保育室から出て、完全に解放されなければならないのです。

大きい保育園だと休憩室がありますが、小さい保育園だと休憩室がなかったりします。

ブラックに休憩がない理由

昼ごはんを食べるだけの時間は与えられるけど、ブラック企業やブラック保育園にはちゃんとした休憩がありません。

休憩という言葉とか法律を知らないのでしょう。

なぜ休憩を与えないかというと、45分や1時間分給料がタダになるから。

サービス残業と同じ考え方です。

ブラックは、会社のために死ねという感じの謎の精神論を押し付けて、洗脳してきます。

休憩が必要な理由

もし若い保育士さんで体が元気モリモリで、休憩なんて要らないと思っていても、長時間労働をすると体ではなく、脳が疲れます。

脳が疲れると、すべきことを忘れたり、見落としたり、イライラしたり、ボーッとしたり、仕事のミスが増えます。

子どもの安全を守る保育士さんの脳が疲れてミスが増えるのは非常に危険です。

ありえないと思いますが、SIDS対策チェックを忘れて、気がついたら取り返しのつかない事になっていたら…

そういうリスクを考えると、普通は保育園側としても休憩を与えないという発想にはならないと思うのですが…

休憩がもらえない場合の対策

労働基準法に違反しています。労働基準監督署に相談しましょう。

しかし、会社や保育園と対決することになりますし、その会社や保育園の労働環境を全面的に変えないといけませんので、時間もかかるでしょう。

更に、休憩を取らせなかったことに対する損害賠償を求めたとしても、休憩を取ったか取っていないかを証明していくのは大変です。

それに、休憩時間を与えないようなブラック企業や保育園は根本的に、考え方の全てがブラックです。

休憩だけではなく、様々な面でブラックを発揮しているはずです。

ブラック企業・ブラック保育園は、立ち直らせるより潰れた方が世のため人のためです。

よって、転職がおすすめです。

ブラック企業相手に戦っても、心身ともに疲れて、訳の分からんことばかり言われて、余計にストレスを受けてしまいます。

まだ、心と体がに余裕がある内に転職してしまいましょう。

【目的別】保育士転職おすすめサイト

目的・用途に合わせて、転職サイトの特徴を分かった上で登録していますか?闇雲に登録してもあまりいい結果はでません。登録する転職サイトの規模や専門性を理解して登録しましょう。 ここでは、大手だけでなく、人間関係に強い転職サイトや事業所内保育所専門、上京社向けなど、目的別に使える転職サイトをまとめています。

保育士のお悩みカテゴリの最新記事