保育士が収入を上げる方法とは?|Wワーク編

保育士が収入を上げる方法とは?|Wワーク編

保育士の給料が安い!!と嘆いている人が多いです。

最近徐々に改善していると言っても、まだまだ割りに合っているとは言いづらいところです。

ここでは、王道ではありませんが、保育士の資格を活用して稼ぎを最大化する案を一つお話します。

はじめに

出来れば正社員として保育士不足や待機児童の解決の一助になってほしいのですが、保育士の給与が安いというのが辛い人も多いでしょう。

給料で選んでより高い保育園に転職したり、主任や園長への出世を目指したり、純粋に保育士としてキャリアアップして給与を上げていくというのは、もちろん王道ですのでオススメできます。

しかし、今回は別の方法で収入を上げる方法をお話します。

現に私の知り合いの保育士さん達も、今の保育園で主任になるよりも収入が高くなったと言う人が結構いますよ。

W(ダブル)ワーク作戦

当然ながら「保育園+α」でダブルワークをすることで、最も稼ぎを最大化することができます。

保育士資格を活かして、保育士専門の人材紹介会社(転職エージェント)に転職するのも良いのですが、一般企業は競争やらノルマやらPCスキルやら色々大変ですし、そもそも保育士ではなくなってしまいます。

もちろん今後保育士をしたくない人には、一般企業への足がかりにもなりますので、一度転職エージェントになって、その後また別の業界に行くのも良いです。

しかしここでは、保育士資格と保育経験を使って、あくまで保育士としてダブルワークして稼ぎを最大化する方法を考えてみましょう。

ベースは保育園

まず保育園には勤めます。しかし、普通の正社員では、やり甲斐はあっても稼ぎを最大化出来ません。

よって、1日6時間程度のパートをします。8時~14時か9時~15時あたりで良いでしょう。

保育士でパートなら時給1300円や1500円もいけます。

また、パートなら書類系の仕事や保育の中心にならず、正社員のサポート的な働きでOKという園も多いので、負担も激減です。

仮に時給を1300円としても1日6時間で月20日働けば、156,000円になります。

パート保育士後にシッター

シッターは個人の宣伝スキルや能力が大きく左右されますが、時給はとても期待できます。

時給1500円に加えて、低年齢ならプラス、2人以上ならプラス、短時間ならプラス、時間帯によってもプラスなど、様々な追加料金を貰え、最終的に時給2000円も比較的に簡単に可能です。

また、時給2000円で1回平均4時間ベビーシッターをして月20日働けば、160,000円になります。

シッターなら、毎日対応しなくても良いですし、土日に対応しても良いですし、毎日もっと長く保育士しても良いですし、自分の頑張りによって、幅は広がります。

1日10時間働いてるやん!と思うかもしれませんが、残業やサービス残業を考えると大したことないですし、何よりシッターは個人事業ですので、同僚や先輩・上司・お局と戦う必要がありません。

収入

156,000+160,000=316,000円

年収に換算すると、3,792,000円です!

これ、どっちかというと低めに見積もってます。

保育士の正社員ですとボーナスがありますが、これならコレなら今のあなたの年収を上回っているのではないでしょうか?

私立の保育士の平均年収は、296万円です。都内なら処遇改善が上乗せされていたり、宿舎借上げ支援事業などがあって、実質的にはもっと高くなることもありますが、低めに見積もって年収が379万円ですので、400万以上も狙えます。

まとめ

毎日10時間労働するのは正社員保育士だと日常茶飯事ですし、保育士の大変な雑務から逃げられて、かつ、自分の自由にスケジューリングできます。

保育士で正社員として働くと大変なことだらけですが、保育園ではパートですし、その後は個人です。

サービス残業もないですし、雑務も少ないですし、人間関係も気にすることが格段に減ります。

ただし、シッターは個人事業ですので、クレームなどは自分に直接来ます。ビジネスとして事業をする感覚を持っていないと、人によってはストレスになります。

単なる保育士としての転職ではなく、このような複合的に考えるのもおすすめです。

パートでも転職エージェントに相談できますし、パートとしての転職が不安でも心配ありません。

おまけ

保育士の資格を活かして、収入を更に上げるという場合、中々厳しい道ではありますが、保育士専門の転職エージェントに転職するという方法や、保育系のアプリ開発やサイト運営をしているIT企業に転職するという方法もあります。
保育園を相手に事業をしている企業ですと、保育士資格を持っている方は採用されるチャンスはあります。
もちろん、更に残業が多かったり、ノルマがあったりするので、保育園で働くこととまた違った難しさがありますので、その点は覚悟して転職した方が良いでしょう。

おすすめの保育士転職サイトランキング

Worklink保育が厳選した保育士転職サイトをランキング形式にてお届け! もちろん、保育士転職サイトは相性ですから、色々なサイトを見てみるのがおすすめですが、不安や迷いがある場合はこちらを参考にして下さい。

保育士の転職カテゴリの最新記事