ブラック保育園ができるまで…|ブラック保育園にも種類があります

ブラック保育園ができるまで…|ブラック保育園にも種類があります

ブラック…。恐ろしいですね。

ブラックな(違法な)手法で経営するスタイルな訳ですが、一般企業の場合は、ブラック経営が儲かるので中々なくなりません。

そして、残念なことに一般企業だけでなく、ブラック保育園も結構存在するんですよね。

今回は、予備知識として、保育園がどうやってブラックになっていくのかをお話します。

ブラックと断定する材料

法違反があるか?がブラックかどうかの見極めポイントです。

分かりやすい法違反と、分かりにくい法違反があり、私達はスグには分からないことも多いのです。

まずは、ブラック要素を羅列します。これに当てはまればブラックと言えます。

  • サービス残業、持ち帰り残業がある(給料未払い)
  • 求人票・雇用契約書・就業規則などが偽りである
  • ハラスメントが横行している
  • 施設整備をしない(壊れても直さない、職員に持ち出させる)

これに当てはまる場合はブラックなのですが、大抵は(法違反ではないですが)以下のようなオマケがついてきます。

  • 精神論が多い(人材育成やモチベーション維持の方法が気合いのみ)
  • 良い人や素直な人を洗脳して(責任感を煽って)辞めないようにする
  • 頑張っても、給料を上げない

お金を払わずに、やりがいなどで働かせるやりがい搾取というヤツですね。

しかし、保育士不足の現在の社会では、ブラック経営だと潰れてしまう可能性があるのに、なぜブラック化しているのでしょうか?

次はその辺りを見ていきましょう。



【種類別】ブラック保育園が出来るパターン

ブラック保育園は、前述の要素があればブラックです。ただし、ブラック保育園になるまでには色々なパターンがあります。

大いなる勘違い精神でブラック経営

夢を追いかけて立ち上げた小規模の会社だとよくあるパターンです。

当初は、立ち上げた時の喜びや、軌道に乗るまで夢中になって、創業メンバーは給料を度外視して働きます。

創業メンバーは、夢を見すぎてアドレナリンがドバドバで興奮していて、周りが見えていません。

新しく入ってきた職員は、その理解できない熱意についていけません。ついていけないと話しても、嬉々として夢や目標を語るだけ。

創業メンバーは、「これだけ楽しくやりがいのある仕事なのだから、お前も楽しいだろ!?やるぞーー!!」とトランス状態なのです。

一度、周りに見放されたり、ちょっとした失敗をして落ち着くまでは、手に負えません。

やりがい搾取の典型ですので、早く見切りをつけると良いでしょう。

時代についていけずにブラック経営化

古き良き時代を守るフリをして、新しいものを取り入れられない勉強不足なだけの経営陣がいる保育園がこのパターンです。

ネットやPCの普及、新しい商品…。状況は年々変化しています。

いつまでも手書き。パソコンも園に1台だけ、勤怠管理(タイムカードとか)もずさん。給料も計算ミスする。シフト管理もめちゃくちゃ。

どんどん簡単にこなせるように変化しているのに、時代に対応できないと、保育士には負担がかかります。

そして、その不満を伝えても「自分たちはこれだけやってきた!」と、時代錯誤を全開したドヤ顔で相手にしてくれません。

経営陣が変わったりして新しい風が入らないと、ブラックなままです。

どんどん取り残されていきますので、別の保育園に行った時、もしかしたら浦島太郎状態になるかも知れません。

潰れるのでブラック化

経営が下手過ぎて、倒産寸前…。「ブラックにならないと、潰れてしまう!!」というパターンですね。

遅かれ早かれ潰れると思いますが、もちろん最後まで見届ける必要はありません。

しかし、本当にすぐに潰れる場合は、会社都合の退職になりますので、少しお得な場合もあります。

ただ、ブラック化して意外と粘るかも知れませんので、総合的に判断しましょう。

儲ける為にワザとブラック経営

本当にこの世から消えて欲しいブラック保育園です。

ブラック経営が儲かるのは、もうお分かりの通り、サービス残業などで給料を払わないし、施設整備もしないからです。

給料を違法に払っていないので、正確には儲かっているとは言えないですが、完全に金に目がくらんでいて、保育士のことなんかどうでも良いと思っています。

嘘の法律や規則を教え込もうと洗脳してきますし、間違った常識を植え付けられます。

長く在籍するほど頭がおかしくなりますので、ブラックだと発覚した瞬間に退職するのが良いでしょう。

おわり

ブラックは悪ですが、ブラックにも一応は種類があり、自分達がブラックだと気づいていないこともあるんですね。

意外と人は騙されやすいですから、今日の記事を参考にブラックに洗脳されないように注意してくださいね。

【目的別】保育士転職おすすめサイト

目的・用途に合わせて、転職サイトの特徴を分かった上で登録していますか?闇雲に登録してもあまりいい結果はでません。登録する転職サイトの規模や専門性を理解して登録しましょう。 ここでは、大手だけでなく、人間関係に強い転職サイトや事業所内保育所専門、上京社向けなど、目的別に使える転職サイトをまとめています。

保育士Newsカテゴリの最新記事