コロナの緊急事態宣言後でも、保育士は感染の危険があっても働く。だけど…

NO IMAGE

緊急事態宣言がでましたが、医療・金融・交通機関・警察などなどの業種の方々が働くために、保育園や学童を完全に閉鎖してはならないという方向性です。

それは必要なことでしょう。

医療や福祉というのは、こう言う時のこそ頑張る仕事だと理解しています。

ただ、最近のコロナ騒ぎには憤りを感じているところです。

今回は、その辺をかなり内部事情を暴露しながら書いていきます。

コロナでおかしくなる保護者

ちなみにとある施設でアンケートを取って見たところ…

緊急事態宣言に何がなんでも協力して登園自粛する人は2割程度でした。

緊急事態宣言でも自粛等に協力できない人も2割程度。

他の6割は出来る限り協力するという感じ。

協力的な保護者や、優しい言葉をかけてくれる保護者もたくさんいます。

協力したいけど、家計的にどうしても働かなければならない人もいるでしょう。

だから、アンケート結果については、妥当だろうと思いました。

だがしかし、とんでもない保護者がいました

「保育士は子供を預かるのが仕事だから休む必要ないだろ!保護者は働く権利があると主張する!」

もう、何を言ってるのか分からないですよね。心の中でそう思う分には勝手ですが。

国民全員で命を守ろうと言っている時に。

緊急事態宣言で国民の権利を一部一時的に制限している時に。

私を含めて、保育士は子どもや保護者のために頑張りますよ。子どもと濃厚接触しながら頑張りますよ。医療や福祉のためですから。

それでも、私たち保育士がコロナになったら白い目で見られることでしょう。前述のような保護者には、「感染症対策が出来てないんだ!」とか言われるんでしょうね。

私からすると、前述の保護者のようなズレた感覚を持っている人が、コロナを広げてるんじゃないかと思っちゃいます。

コロナでおかしくなる行政

認可保育園は、基本的に自治体の指示を受けて対応を決めます。

今回のコロナに対する意味のない中途半端な指示と遅すぎる指示にはウンザリするところです。

この自治体は、都道府県や国からの指示を受けている訳ですから、自治体がクソだと言いたい訳ではないです。

公務員の方々も大変な苦労をしていることでしょう。

しかし、複数の保育園にコンサルなどで関わる私は、複数の自治体の対応を見ますが、頭の中にかなり「?」が飛び交いました。

  1. 「保護者に登園自粛を求めるな。家庭で保育できる人はしてもらえ。」
  2. 「原則休園しない。
  3. 「やっぱり原則休園とする」
  4. 「休園するが、医療や交通機関など社会に必要な家庭の子どもは申し込まれたら受け入れろ。ただ、家庭の事情は様々で分からないから、申し込まれたら受け入れろ。」
  5. 「圧をかけて申し込めないような雰囲気を作るな」
  6. 「感染者増えてるから、申し込みがあっても取り下げさせて良いぞ。」

「?」が飛び交うのは分かってもらえますかね。

そして、保育士達は当然振り回されて…

  • 上記の指示を金曜日に出してくる。周知やシフト調整する施設長は土日に働くしかない。
  • 土日に働くけど実質的に休園しないから休みなし。
  • 頑張って土日に調整しても、月曜にはそれを覆すような指示が来る。
  • 保育士等もシフトが急に変わる。給料がどうなるか分からないまま働く。
  • 緊急事態宣言でも保育士の安全などに関してはほどんどスルーされてガッカリ。

日本って保育士をどうするつもりなのか

音楽などは生活に欠かせないものとして、アーティスト等に補助金を出す国があって、あるアーティストがその「国の思いに応えて今後はより頑張りたいと思った」みたいな、ニュースがありました。

なんか、「国が自分たちを評価してくれてるんだ!」と思えますよね。簡単に言うと、褒められたに近い感じですよね。

それに比べると、日本ってなんか悲しいですよね。行政もメディアも。

行政は、ひたすらよく分からない二転三転する半端な自粛要請を繰り返すだけ。

メディアは、無責任に色々煽ったり、変なコメンテーターが変な意見を言うだけ。

収入がなくなる人や、命を守ることを最優先にするのは分かります。

ただ、その中で頑張って皆んなを支えてる人に対して、何もない。感染の危険のど真ん中で働きながら、自粛どころか労働時間が延びたりして頑張ってる人に何もない。

何もない訳じゃないのかも知れませんが、教えてもらってません。

医療従事者など保育士よりももっと大変な方がいるのは分かってます。

僕ら保育士の頑張りを褒めてもらえる日は来るのかな?

【目的別】保育士転職おすすめサイト

目的・用途に合わせて、転職サイトの特徴を分かった上で登録していますか?闇雲に登録してもあまりいい結果はでません。登録する転職サイトの規模や専門性を理解して登録しましょう。 ここでは、大手だけでなく、人間関係に強い転職サイトや事業所内保育所専門、上京者向けなど、目的別に使える転職サイトをまとめています。

保育知識カテゴリの最新記事