保育士のお悩み

3/4ページ

保育士にサービス残業を強制…|ブラック保育園は転職1択!

過労死などを受けて、残業についての上限を決めるとか、色々話題になりました。 ちなみに残業の上限は月100時間になったそうです。多っ!と思いますが、その人達は残業代を大量に貰っていますので、年収も高くなってきます。 しかし、ブラック企業やブラック保育園は、そもそも残業代を払わないという荒業を使ってきます。

保護者対応が辛すぎて辞めたい…|保育士転職前の対処法

保護者の中には、保育園の内情や保育士の気持ちなどお構いなしに気持ちをぶつけてくる人もいます。 自分の大事な子どもを預けているので、当然といえば当然ですが、中には理不尽なほどクレームを出してくる人もいます。 保育指針にもあるように、保育所に入所している子どもの保護者に対する支援は保育士の仕事です。

保育士さんがストレス多すぎて辞めたい場合の対処法5個!

勤める保育園によっては、ストレスだらけで保育士さんがおかしくなってしまう可能性があります。 保育園のストレス原因は多岐にわたります。ストレス軽減だけでなく、ストレスとの上手な付き合い方を覚えましょう。ストレス原因が軽減不能であれば転職も視野に入れましょう。

保育士の持ち帰り仕事(残業)多すぎ…辞めたい|3つの対策!

保育士さんの代名詞とも言えるようになってしまった持ち帰り仕事…。 最近は、企業が経営する保育園も増えてきたため、法令遵守された保育園も増え、ブラック保育園が少しずつ淘汰されてきました。 しかし、保育士不足のため持ち帰り仕事をしなければならない状況に置かれている保育園も、まだまだあります。

園長が訳わからん…辞めたい!保育士の対処法4つ|転職がベストかも

10園や100園を運営している大きな会社なら、園長は小さい店舗の雇われ店長的なレベルで、大きな権力は実質的にないとも言えますが、現場にとっては大きなな存在です。 そして、もし園長が保育園の設置者(俗に言う社長)の場合は、絶対的な権力者になります。 雇われ園長なら園長の上司に相談することも出来ますが、園長が最高権力者の場合は直接対決か転職しかありません。 もし園長が訳の分からん人だった場合、対処法は […]

保育士の産休育休|転職?産育休?制度も合わせてお勉強!

保育士さんはやはり子どもが大好きな人が多いです。 自分も子どもを産み、育てたいと思う方も多いでしょう。 しかし、妊娠期の体調管理と仕事、また職場復帰後の育児と仕事と、それぞれ両立が大変です。 産育休をしっかり取るのか、出産を気に転職するのか…。色々な悩みやトラブルがあると思います。

1 3 4