お悩み解決

2/2ページ

保育士の持ち帰り仕事(残業)多すぎ…辞めたい|3つの対策!

保育士さんの代名詞とも言えるようになってしまった持ち帰り仕事…。 最近は、企業が経営する保育園も増えてきたため、法令遵守された保育園も増え、ブラック保育園が少しずつ淘汰されてきました。 しかし、保育士不足のため持ち帰り仕事をしなければならない状況に置かれている保育園も、まだまだあります。

園長が訳わからん…辞めたい!保育士の対処法4つ|転職がベストかも

10園や100園を運営している大きな会社なら、園長はあくまで小さい店舗の雇われ店長的なレベルで、大きな権力は実質的にないとも言えますが、現場にとっては絶対的な存在です。 さらに、1つの保育園だけを運営していたり、少数の園だけを運営している会社の場合、園長の権力はとても大きいものです。 もし園長が訳の分からん人だった場合、対処法は限られてきます。

保育士の産休育休|転職?産育休?制度も合わせてお勉強!

保育士さんはやはり子どもが大好きな人が多いです。 自分も子どもを産み、育てたいと思う方も多いでしょう。 しかし、妊娠期の体調管理と仕事、また職場復帰後の育児と仕事と、それぞれ両立が大変です。 産育休をしっかり取るのか、出産を気に転職するのか…。色々な悩みやトラブルがあると思います。

保育士不足の3大原因!|転職前に状況確認しよう。

東京都では2017年10月の保育士の有効求人倍率は6倍とトンデモナイ数字になっています。 これは6社もしくは6園が1人の保育士を奪い合っているということです。 しかし、なぜこれほどまでに保育士不足なのでしょうか?転職を希望する保育士さんなら自分の置かれている状況を確認し、有利に転職活動を進めましょう。