求人を探す

保育士の転職  面接でのポイント

2016/08/24 カテゴリー「採用される為に必要な事」 713view

保育士の職業病
 保育士さんの面接では、どのような点を具体的に見られているのか気になりますよね。今回は面接官の方が採用の際にどこを注目しているのかを具体的に紹介していきますね。

 

外見は一番大事‼

 まず、第一印象で「だらしない人」なんて思われてしまったら、その時点で合格はキビしくなってしまいます。外見に関して注意するポイントをチェックしましょう。
・面接に相応しい服装か(スーツ着用で大丈夫です)
・清潔感があるか
・保育士として相応しい髪型か(長い髪は結んで、黒髪が良いです)
・化粧が派手すぎないか
・爪は短く切られているか
・表情に笑顔がみられるか

態度・言葉遣いに注意‼

 せっかく外見が好印象だったとしても、社会人としてふさわしくない態度や言葉遣いだとマイナス評価になってしまいます。次のことにも注意してくださいね。
・時間を守れるか
・質問への受け答えがしっかりしているか
・「本日はありがとうございました」等のお礼が言えているか

面接での受け答えの注意点

 外見・態度・言葉遣いに問題がないと判断されてやっと、面接での受け答えに注目してくれるようになります。面接では以下の事に注意してください。
・長所や能力はあるか
・子どもは好きか
・積極性があるか
・目指す保育士像があるか
・保育士という仕事に誇りを持っているか
・業務に必要なスキルレベルに達しているか

受け答えの中では特に「職場とのマッチング」を意識する

 「職場とのマッチング」が面接において最も重要です。保育園側からしても、就職してから「合わないので辞めさせてもらいます」なんて言われたら困りますし、他に条件の良い保育園が見つかれば転職されてしまうかも・・・なんて思われてしまわないように、、「この保育園だから就職したいんだ!」とキチンとアピールしましょう。
・職場の雰囲気に馴染めそうか
・保育方針にズレはないか
・条件面に問題はないか
 以上の事に気を付けて面接に臨んでくださいね。

戻るボタン

ページのトップへ