求人を探す

合コンでのテクニック

2016/08/17 カテゴリー「恋愛」 604view

保育士の職業病
合コンは保育士にとって数少ない出会いの場の一つです。貴重な機会を無駄にしないためにも保育士ならではのテクニックを駆使して、恋人を獲得しましょう。

一般の男性は保育士に対して「子供が大好き」「良い母親になりそう」「優しい」など朗らかな印象を持っていることが多いようです。職業柄、「母性」を感じさせるのでしょう。
このプラスイメージを武器にしない手はありません。

 

決して仕事上の子どもの愚痴を漏らしてはいけません。

日々大勢の子どもを相手にしている保育士の仕事は精神的にも体力的にも大変な仕事です。しかし、合コン相手には関係ありません。「この人保育士なのに子ども嫌いなの?」と思われてしまっては、せっかくの好印象が台無しです。

基本的な家事はできるようにしておきましょう。

「良い母親になりそう」というイメージの中には“家庭的”の意味も含まれていると思ってください。良い母親であることを望む男性は、同時に良い奥さんであることを望んでいます。
最低限、「料理・洗濯・掃除は任せて」と合コンでアピールできるくらいの家事は日頃からやっておきましょう。

保育士の自分を垣間見せる

「はーい! みんなー!」「こら、ダメですよ!」というように子どもに話す口調で話すと盛り上がるかも…?
「優しい」「家庭的」などのプラスイメージが先行してしまい、「実際は違った…」とがっかりされないよう、まずは世間の保育士に対するイメージを理解しておきましょう。

保育士は相手の両親のウケが良い?

前述の通り、保育士に対して“家庭的”というイメージを抱く人は多くいます。このイメージからか結婚願望のある男性はもちろん、相手のご両親からのウケが良いという意見も多数あります。
そう考えると、保育士はお見合いにも向いているかもしれませんね。

戻るボタン

ページのトップへ