求人を探す

東京で保育士になろう❢

2016/03/03 カテゴリー「仕事」 753view

保育士の職業病
 地方で保育士さんとして働こうと思うと、給与水準が低かったり、そもそも求人が少なかったり・・・。なので、東京で働くことを検討される方も多くいらっしゃいます。
 東京は街そのものに魅力があるだけでなく、保育士さんとして働く上でのメリットもたくさんあります。今回は、上京の魅力と気を付けなくてはならない点をご紹介します。

 

東京で働くメリット

<求人の数>
 東京都は都道府県別人口第一位の日本の首都。働く女性が多く、保育施設数も多いのが特徴です。認可、企業内、院内など施設形態も幅広く、土日休みなど希望の条件に合った求人も豊富にあるので、希望に沿った条件で就職できるチャンスも大きいのです。
<お給料>
 過去の「賃金構造基本統計調査」によれば、一般保育士の年収の都道府県別トップは東京都で約4,760,000円。全国平均の約3,242,000円に比べて約46%も多い結果に。事業所や勤続年数によって異なりますが、大手の運営する保育施設などは給与水準が高く、安定的な収入を得やすいと言えます。
<福利厚生などの待遇>
 福利厚生などの待遇面も大手を中心に整っていることが多いです。大手企業の企業内保育所などであれば、産休、育休制度がしっかりしているなど、女性が働きやすい環境になっています。
<環境>
 東京には大きな商業施設やレジャー施設などがたくさんあります。オフの日にリフレッシュできる環境が近くに沢山あるのは魅力的ですよね。

東京で暮らす上で注意したいこと。

<物価の高さ>
 東京の物価は全体平均よりも5~6%高く、家賃なども比較的高めです。
<人の多さ>
 東京は人が多く、転居してすぐのうちは戸惑うかもしれません。朝の通勤ラッシュの時間帯などは混雑で電車が遅延することもしばしば。慣れればなんてことないので大丈夫ですよ。

戻るボタン

ページのトップへ