求人を探す

保育士求人は集客です!

2016/01/14 カテゴリー「採用担当者向け」 878view

保育士の職業病
「保育士が集まらない…」と嘆く方も多いですが、意外にも「ウチは保育士足りてますよ?」と強がる方も結構いらっしゃいます。

求人広告を出しているのに保育士が来ない!
50万円も使って求人広告を出しているのに、応募が無かった!
こんな悲惨な事態に陥っていませんか?

それならWorkLink保育でしたら、無料から広告掲載ができます。ぜひご検討ください。

さて、今回は応募がないのは何故かを書いてみたいと思います。

 

募集要項がショボい

保育園の求人広告を見ると情報が非常に、そして異常に少ないところが多いです。
ひたすら待遇を書くだけのところも多いです。


どういう保育を行う施設なのか?拘束時間は?残業量は?年齢層は?


ややブラックよりの保育園ならば、素直に書いたら誰も集まらないと怯えて余計なことを書かないという場合もありますが、それなら「残業は多いけど給与も良いよ!」という打ち出し方でも問題ありません。
とにかく稼ぎたいという保育士も居ますし、嘘ついて入社させてもすぐに辞めるだけです。


求人広告には文字数制限があったりして、色々とかけないかも知れませんが、とにかくアピールポイントがないことが多いです。


よく見るのが「アットホームな保育園です」しかウリがない保育所。
ウリがそれだけというのは、いくらなんでもおかしいです。
それは、ただ保育士資格があれば誰でも良いよというだけですよね。
残念ですが、求職者にもバレてます。


ただ、待遇を書いて、アットホームですと広告やホームページに記載して、魅力を感じるわけがありません。
応募があったらそれは「家から近いから」でしょう。


しかし、保護者や入園希望者向けの情報は、凄く丁寧に書いています。
ここを分かっておかないといけませんが、「従業員満足度」の方が、「顧客満足度」より優先です。
募集要項も保護者向け情報と同じように沢山発信しましょう。


他者との違いが分からないとしても「とっても普通の保育園です!」と書く方が効果があります。

万人受どころか全員受を狙っている募集の仕方

保育士資格を持っていれば誰でも良いと思っているからでしょうが、保育士の求人広告で、新卒可・経験不問・ブランクOK・経験者歓迎・他施設も同時募集・色々選べる働き方…みたいなことを書きまくり、誰でも良いから来て!ということをアピールしているところが非常に多いです。


保育士不足すぎて、確かに誰でも良いから来てくださいという気分かも知れません。
しかし、自分の保育園に合わない人を入れても、本当にすぐに辞めてしまいます。
それに、沢山の求人広告の中の一つとしてしか認識されず、候補に上がることはありません。

そんな求人広告で来た応募者は、「家から近いから」という人でしょう。


保育所の園児募集だって、要件がしっかりありますよね?
対象年齢、利用要件、サービスを承諾してくれいる方、区内在住などなど

求人広告には当然制限がありますが、誰でも良いから来てというだけの広告では人は集まりません。

結局、マッチングなのです。

自分の保育園に合わない人を入れてもすぐに辞めてしまいます。
最近は、時期を問わず転職に困りませんので、年度途中で辞める保育士も沢山います。

自分の会社に合っている人で、少なくとも3年は働くような人にアピールしなければ、求人広告費はかさみ、面接回数は増え、無駄なお金と時間がかかってしまいます。

しかし、その無駄なお金と時間がかかるような仕組みを作ったのは、そんな求人広告しか作らない自分達なのです。


どうせ応募がないのなら、本当のマッチングを目指してはいかがでしょうか。


WorkLink保育では、無料広告がありますので、すごく尖った求人記事を試しに掲載してみては如何でしょうか?

戻るボタン

ページのトップへ