求人を探す

「うつ」になってしまった保育士さんの転職〜全力サポートします〜

2015/08/01 カテゴリー「採用される為に必要な事」 787view

保育士の職業病
10人に1人はいると言われている「うつ病」。

うつ病は心の病気。つまり脳の病気ですね。
ざっくり言うとストレスが原因です。
またストレスはざっくり言うと「環境」と「身体」に関わる要因に分けられます。

職場の人間関係が悪い(環境)と長時間労働で体力がもたない(身体)などですね。

保育園では、人間関係の問題がとにかく多いです。
それに保育士不足ですから、人手不足で長時間労働を余儀なくされることもあります。

 

うつ病を防ぐ、治すことをまず考えましょう。

私が接してきたうつ病の方々の共通点は、「仕事とプライベートの両方」に同時に問題を抱えていることです。

例えば、友達も少なくて恋人もいない、その上で仕事も大変だというような状態です。

仕事は大変だけど、仲の良い恋人がいるという人で、うつ病になった人には会ったことがありません。


うつ病は、真面目な人、責任感の強い人がなりやすいと言われています。
そういういう人は、仕事で追い込まれると、プライベートを犠牲にして働いてしまうので、「仕事とプライベートの両方」に問題を抱えてしまいます。

プライベートを犠牲にしなければならない状況に追い込まれそうならば、早めの転職を考える方が良いと思います。
うつ病になっては元も子もありません。


そして、うつ病になってしまったら、とにかく病院にしっかり行くことです。
セルフチェックしてうつ病かもしれない、そうじゃないかもしれないとかやってないで、病院に行くことです。
うつ病の薬には副作用のあるものも多いですが、とにかくお医者さんと話し合い治すことに集中しましょう。

うつ病だけど、働かないといけない時…

うつになる前ならば、転職活動もスムーズに行えるかもしれません。
しかし、うつになってしまったら、転職活動も容易ではありません。

しかししかし、うつでもお金は必要な場合はあります。
どうしても働かなければならないことがあります。

不幸中の幸いで、関東では深刻な保育士不足です。
フルタイムは無理だけど、パートなら働ける、時短なら働けるという要望も通りやすいです。
この保育士不足を利用して、転職活動を成功させましょう!

うつ病の方の転職もしっかりサポートします!

WorkLink保育の転職サポートでは、うつ病の症状に合わせて、しっかりとサポートいたします。

保育園側に正直に症状を説明した上で、サポート体制を整えてくれる保育園を探し出します。

転職のご登録はコチラ( https://worklink-hoiku.com/introduce/ )から!

戻るボタン

ページのトップへ